FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

朝の香り

2019年 1月 13日  (日)
久し振りのブログアップだ。新しい年になって初めてのアップ。
今年は たくさんアップしていこうなどと 1月1日には思ったのだが その1月も もう半ばだ。

朝の海岸でのランニングを終えて帰宅途中に 味噌醤油の醸造所があって なんとも言えないあの麹菌(こうじきん)の香りがする。
工場のなかを見ることは出来ないが 入口に歴史を感じさせる看板がある。
その付近に来ると味噌の香りがして ”あゝ 日本の朝の香りだ・・・" と思ってしまう。


その味噌醤油醸造所の前を200mほど進むと 今度はパン工房がある。
パン工房から発せられる香りは、食べ物で色々と香りがある中で、パンの香りこそ秀逸だと私は思っている。ある人のブログには次のようなことが書かれている。
(以下「」内引用) 「アメリカのデパートなどでは、昔は良くデパートの1階にパン屋を置いて、そこから立ちあがるパンの香りでデパートに客を引き込んだ、という戦略があったようです。日本なら丁度鰻屋のようなものです。店の入り口付近で職人が鰻をやき、団扇でその香りを周囲にまき散らかし、歩道を歩く人を客として呼び込むのに似ています。そのくらいパンの香りは、老若男女を問わずに好まれているいい香りです。」
朝食前のランニングを終えて帰宅途中の私にとっては 引き込まれそうなくらい いい香りなのだ。
味噌の香りと言い パンの香りと言い 人の気持ちを豊かにし、幸せを感じさせる香りだ。
kanban-2.jpg

パン工房を過ぎるとあと500mほどで我が家だ。

カメラ=OLYMPUS SZ-31MR
<記事をお読みいただいて有難うございます。
”いいね”と感じたら、下の「拍手」をクリックしてください。>

小さなものに・・・

2018年 11月 12日  (月)
朝 海岸をランニングする頃は今にも降りだしそうだったが、雨は 11時過ぎから降りだした。本格的な降り方だ。

この 週末は小さなものに振り回された。
土曜日に買い物に行って、マイカーのパンクに気付いた。
帰り道カーディーラーに立ち寄り調べてもらうと 直径約1.5㎜、長さ約3㎝程の針金が刺さっていた。
思いがけないパンクだった。しかし 通勤で毎日高速道路を走っているのでパンクは危険だ。
一般道でしかも早く発見できてよかった。そう思いたい。修理代に1,000円かかってしまった。
PB110801_convert_20181111160133.jpg

日曜日で 好天気なのでベランダに布団や毛布を干した。
暫くすると 毛布が滑り落ちた。次は落ちないように毛布用のクリップで止めた。
暫くすると また落ちた。
芝を払いベランダにかけているとベランダの下から小犬が出てきた。
なんとこの小犬が毛布を引っ張ていたのだ。犬はヨークシャーテリア(?)だ。
ベランダの下に逃げ込んで立ち去ろうとしない。困った。
IMG_0054_convert_20181111160100.jpg

迷い犬に違いない。
近所を回って訊ねたが飼い主はいない。
市役所に電話した。
親切に調べて引き取り先を教えてくれたので 電話したら ”違います” と言われた。
教えていただいた電話番号を伝えて確認しても ”違います” 。
再度市役所に電話したら ”市役所は動物には関知しません” という。
えーっ?先ほどの電話は何だったの?
警察へ電話した。
”パトカーで引き取りに行きます。逃がさないように。”と言われてホッとしていたら、暫くして警察から電話があって、”保健所が引き取りに伺います” という。
えーっ?パトカーはどこへ行ったの?
陽が傾いて 毛布や布団を取り入れる頃に ようやく保健所が来て小型犬を引き取ってくれた。

「役所のたらいまわし」 とは このことなんだ。実感した。
小さな針金、小さな迷い犬。
週末は 小さなものに振り回された。

前を向いて

2018年 11月 9日  (金)
昨夜来の雨が上がって抜けるような空が広がっている。
約2か月に近いブランクがあって 久し振りのブログアップだ。
プライベートな悩みで ブログを開くような気分にとてもなれなかった。
ひとつの事で気分が沈んでしまうと 連鎖的に良くないことが起きるのではないかと思い 気持ちを切り替えた。
前を向いて生きようと。

カーネギーのことばが手帳に書いてあったので読み返した。今の自分の心にグサリと来る。

  忘れてはいけない。
  幸せはあなたが何者であるか、あるいは、何を持っているかによって
  決まるのではない。
  何を考えるかによって決まるのだ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  悲しみや不幸や災難にあって、身も心も荒れ果てている時は、
  何か作業を見つけて、 頭も手足も休ませずに一心に打ち込むことだ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  悩み事は、散歩して忘れるのが一番だ。
  まあ、ちょっと外へ出てみたまえ。
  ほら、悩みごとなんか、 翼が生えて飛んで行ってしまう。

出勤途中に空を見上げると秋の空が広がっていた。
広い広い空に比べれば 自分の悩みなんかちっぽけなものだ。
雲のように やがて消えていく。
そう思いたい。


ミヤマシャジン

2018年 9月 20日  (木)
朝から雲が低く垂れこめて雨が降っている。
激しい雨ではないが間断なく降り続いている。
雨が上がれば 駆け足で秋がやってくるのかもしれない。

峠道のウォーキングコースで珍しい花を見つけた。
写真に撮って調べてみたら 「ミヤマシャジン」 だった。
見るからに 上品で可憐な花だ。
「ミヤマシャジン」 は 雌しべの先端が花弁から大きく出ている。これが特徴だ。
薄紫で花の長さは3cmほど。
とても上品だ。雑草の中にスーッと伸びて目立つ。
花だけ見ると リンドウか・・・? 桔梗の蕾か・・・?と思ってしまう。

元ゴルフ場の入り口に咲いていた。
雑草に混じって可憐に咲いてとてもきれいだ。
誰かが採って行かねばいいが・・・と ちょっと心配。
(ミヤマシャジン)

(ミヤマシャジン)
miyamasyajin-2.jpg

撮影場所=宮崎県門川町
カメラ=OLYMPUS SZ-31MR
<記事をお読みいただいて有難うございます。”いいね”と感じたら、下の「拍手」をクリックしてください。>

ヤマブドウ と ノブドウ

2018年 9月 16日  (日)
ちょっと考え込むことがあって1階にいたが気分を変えようと自室の2階へ来た。
窓の外は 穏やかな天気だ。
ゴルフ場のあるなだらかな山の稜線の上に豊旗雲(とよはたぐも)が浮かんでいる。

ウォーキングコースで ヤマブドウ と ノブドウ を見つけた。
黒く熟した ヤマブドウ が虫食いの葉影でつややかに実っていた。この地方では ヤマブドウ とか ガラメ と呼んだりしている。子供の頃 口の中を紫色にしてよく食べた。最近の子供は こうした自然の果実を食べることはないだろう。
ヤマブドウ は食べられるが ノブドウ は食べられない。

ノブドウ は 寧ろ観賞用にいいと 私は思っている。 
緑色の実が 熟していく段階でサファイア色、アメジスト色に変化していく。
まるで宝石だ。
その自然の色の美しさは 語彙力に乏しく浅学非才な私にはとても表現できない。

これから秋が深まっていくと 野山のいたる所にサファイア、アメジストやルビーといった山の宝石たちが光り輝いて私達を迎えてくれる。自然は素晴らしい。
(ヤマブドウ)

(ノブドウ)
nobudou-2.jpg
(ノブドウ)
nobudou.jpg

カメラ=OLYMPUS SZ-31MR
<記事をお読みいただいて有難うございます。”いいね”と感じたら、下の「拍手」をクリックしてください。>
«  | ホーム |  » page top