FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

テントウムシ

2013年7月28日(日)
厳しい暑さが続いている。一方、過去に例のない集中豪雨に見舞われ、人的、物的被害の出ている地方もある。破壊された道路から濁流を見守る人の映像が流れた。自然の猛威の前には人間は沈黙するしかないのか。

散歩中、テントウムシを見つけた。「ナナホシテントウ」だ。
冬の間、日当たりのよいベランダなどで見かけることがあるが、草むらで見かけるのは珍しい。
会社や学校などでは、上司のご機嫌とりタイプの人、テストの点数ばかりを気にする生徒をテントウムシにかけて ”テントリムシ”などと揶揄するが、テントウムシの名前の由来は全然違う。飛び立つとき太陽の方向に向かって飛んで行くことから、天地を支配する神 即ち太陽神の「天道(てんとう)」から命名された。大変高貴な名前なのだ。赤に黒の斑点があって、きれいな昆虫なのだが、自己防衛のために関節部から黄色の液体を分泌する。この液体は強い異臭と苦味があり、これによって外敵を撃退するという。このため野鳥はテントウムシを捕食しないらしい。わずか10mmにも満たない体に似合わぬ能力だ。
テントウムシの食性は、菌食性、肉食性、草食性に分かれるが「ナナホシテントウ」は、肉食性だ。農作物につくアブラムシを捕食することから益虫であり、「生物農薬」といわれるくらいで、人間の生活に大いに役立っている昆虫なのだ。大切にしたい。

写真=2013/7/27 筆者撮影  カメラ=OLYMPUS SZ-31MR 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poon405.blog25.fc2.com/tb.php/72-314f4b8a

 | ホーム |  page top