FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

シロツメグサ(クローバー)

2013年5月24日(金)
散歩道の途中に牧草の繁茂している場所がある。主にシロツメグサ(クローバー)だ。また近くにアカツメグサも咲いている。アカツメグサは、シロツメグサに対するもので、花の色からその名がつけられたようだ。

シロツメグサは、漢字で書くと「白詰草」だ。なぜ「白詰草」なのか。
日本にガラスが伝わったのは諸説あるが、弥生時代の遺跡から勾玉などが発掘されているし、正倉院には、白瑠璃碗、瑠璃杯、瑠璃壺などを見ることができる。しかし、生活の用具としてガラスが伝わったのは江戸時代で、それはオランダから輸入された。その江戸時代、ギャマン=ガラス容器の破損を防ぐためにパッキングとして使われていた物がシロツメグサであった。だから「白詰草」と呼ばれる。シロツメグサは、江戸時代にガラス容器と一緒に日本に入ってきたといえる。アカツメグサは、明治時代になって牧草として、日本に入ってきたようだ。

草花の名前の由来を考えたり、遠い歴史のロマンを感じたりしながら散歩している。
週末になると、四つ葉のクローバーを探している家族連れを見掛けることがある。この週末も、家族や子供たちの明るい歓声が聞こえるかもしれない。






写真左=シロツメグサ  写真右=アカツメグサ    いずれも筆者撮影
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poon405.blog25.fc2.com/tb.php/64-f1865cc1

 | ホーム |  page top