FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

波消しブロック

2019年 12月 8日  (日)
今朝も厳しい寒さ。駐車場の車のガラス表面がしっかり凍っている。

約1.6km歩いていつもランニングする砂浜に到着する。
堤防道路の海側に波消しブロックがあるのだが ここの波消しブロックはテトラではなく天然の石が積み上げられている。
毎朝 この石の上にハンカチ、カメラ、反射タスキを置いてランニングする。
ランニングを終わって 汗を拭きながら石の上で休むこともある。
<波消しブロック-1>

<波消しブロック-2>
teibou-2.jpg
個々の石を観察すると 細長く 五角柱、六角柱の石が多い。
柱状節理の石なのだ。
拙宅から遠くない所に柱状節理の海岸があり名勝になっている。
波消しに使われている石は 柱状節理のある石切り場から運ばれて使われたのだろう。
また 石の表面を見ると石の中に小石が見られたり、色の違う模様が見られる。
波がかかる石には、フジツボやカキがくっついている。
石の中には もしかしたら化石が混じっているかもしれない。
何万年も前の火山の爆発や逃げ惑う動物たちを見ていたかもしれない。
そう考えると 石の種類や成分のことは分からないが なにか興味がわいてくる。
<波消しブロック-3>
teibou-4.jpg
<波消しブロック-4>
teibou-3.jpg

きょうのランニングは終わりだ。
汗が冷えてきた。帰らなければ・・。

カメラ=Canon IXY
撮影場所=宮崎県延岡市土々呂海岸
<記事をお読みいただいて有難うございます。
”いいね”と感じたら、下の「拍手」をクリックしてください。>
スポンサーサイト



コメント

並みけしブロックの素材その昔

天然石を積み上げた波けしブロックのその昔は???
一つ一つの石にも当時の面影が偲ばれるような気がします。
同じものを作っても素材の違いで強い水流にも耐えられる
素晴らしさ、昔の人の自然石の利用の発想はお見事。
そして現在があり未来につながる・・・
2019-12-09 11:43 | ヤッコ #QIdoaiAU | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poon405.blog25.fc2.com/tb.php/266-79948685

 | ホーム |  page top