FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

砂浜

2016年 4月 24日  (日)
空は曇ってはいるが雨は降っていないので港方面へウォーキングへ出かけた。
漁船が帰港して魚を陸揚げする岸壁を過ぎると砂浜に出る。
砂浜にはいつもは釣りをする人がいたりするのだが、降水確率が80%と高いので誰もいない。
それでも大型犬の足跡があるので誰かが犬と一緒に散歩したのだろう。

砂浜には、いろいろな物が波で運ばれてきて打ち上げられている。
木くず、ペットボトル、空き瓶、ライター、魚の死骸、大きな木の株、破れた漁網、釣り糸、われた貝殻等々種々雑多である。
一方そこは動物たちの生活圏でもある。
カツオの死骸に群がるトビ、カラスがいたり、潮のひいた砂にできた穴をつついている鳥もいる。
カラスなど、えさの奪い合いで激しい争いをしている光景はよく見られる。
砂浜は、トビ、カラス、カモメ、カモ類、セキレイ、シギなどの鳥類、イタチ、ネズミなどの哺乳動物の生活の場なのだ。
本来は、水の中にいるであろう水かきを持つ鳥が砂浜を歩いたあとを見ることもできる。
水かきのついた足でペタペタと歩く姿を想像するとなにか微笑ましく感じる。
わずか400mほどの砂浜だが、そこに弱肉強食の厳しい現実だったり、ほほえましい光景だったり、動物たちの生活を見ることができる。


(砂浜のヒトデ)

asiato.jpg
(カルガモの足跡)

いずれも筆者撮影 カメラ=携帯℡(ギャラクシー)

お願い!!
<記事をお読みいただいて有り難うございます。 
”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poon405.blog25.fc2.com/tb.php/184-8e0f0b60

 | ホーム |  page top