FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

中国人が見た日本の幼稚園

2015年 9月 21日  (月)
シルバーウィーク。好天気が続いている。

外国のブログやBBSから日本の評判を掲載しているサイトがある。
先日見ていて面白い記事を見つけたので掲載しよう。
昨年の記事なので少し古いが、私達日本人には普通の光景だが外国の人はこういう風にみるのか・・・と思ってしまう。
中国から日本の幼稚園に半年間の実習に来た人のブログだ。

 筆者は、日本の幼稚園は「子どもにとって本当の楽園だ」と断言している。
その理由の1つは、先生たちが「まるで女神のようだったから」。気品と美しさを兼ね備えながらも、かわいらしい「優しいお姉さん」風のスタッフが、実は副園長だったことを知り、「半日は心臓のバクバクが止まらなかった」ほど動揺してしまったそうだ。「中国によくいる、怖いオバサン園長とはまるで違う」と述べている。
 ほかの先生たちも、皆かわいらしくて優しく、いつもにこにこしており、「女神そのものだった」と振り返った。
 半年の実習で1度も感情的になっている先生を見たことがなかったそうで、先生と園児が「一番の友達」でもあることも新鮮に感じたそうだ。先生たちが子どもと一緒になって走り、笑い、おしゃべりし、ご飯を食べる。園児たちが家に帰る時にはお別れのハグもする。筆者は、「なんという幸福、なんという温もり! 
私もこんな先生になりたい!」と抱負を語った。

 中国では日本以上の学歴社会とも言われ、人口が多いぶん競争も厳しいと言われる。
学力重視の社会であるため、学校のような授業が行われる幼稚園もある。英語の授業がある幼稚園は特に人気だ。
中国の現状に比べると、日本の幼稚園では「子どもたちは遊んでばかり」に見えるだろうが、筆者は「勉強よりもっと大切なことを教えているすばらしい教育」と絶賛。
 それは、自分で自分のことができるようになること、あきらめないこと、勇気、コミュニケーション能力、マナー、団体意識といった目には見えず、数字としても捉えきれない「社会性」だ。そうした教育の結果として、筆者は「日本の子どもたちは自ら進んで新しいことを学ぼうという意欲を持っている」と分析した。
 筆者は日本の幼稚園実習を通じて、本当の意味での基礎教育とは何か考えさせられたそうで、「いつになったらわが国にはそれが分かるのだろうか」と中国の教育の現状を嘆いている。

これは、「http://searchina.ne.jp/」というサイトに紹介されたものだが、外国人が日本を、日本人をどう見ているのか興味深い記事が多く紹介されている。
きょうは、サイトの記事をそのまま紹介しましたが皆さんはどう感じましたか?

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poon405.blog25.fc2.com/tb.php/166-bc2723e4

 | ホーム |  page top