FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

紙の辞書

2014年 12月 17日  (水)
爆弾低気圧の影響で北海道をはじめ日本列島が震え上がっている。
”不要不急以外の外出は控えるように・・・”などと繰り返しメディアで流されているが大事なく低気圧が去ってくれることを祈りたい。

分からない漢字や熟語があると、最近まで電子辞書で調べていた。
実に便利だ。手軽で速いし、文字も大きくできるし、なによりもページをめくらなくていい。情報量も多いピンポイントで言葉が出てくる。そして電子辞書には、漢和字典、ことわざ辞典、英和・和英辞典など多様な辞典が入っているのだ。
しかし、最近ちょっと疑問に思っていることがある。

日本よりも早く教育現場にタブレット端末などを導入した韓国では子供の学力が落ちているというのだ。
また、最近見たテレビ番組で、学生にテーマを与えて論文を書かせた実験では、ネット端末で調べて論文を仕上げた学生と図書館の本で調べて仕上げた論文を比較すると、その質の差が大きいというのだ。ネット端末で調べた学生の論文は、体裁はいいが本人の意見、考えがわずか2行だった。他の人が書いたものをいわゆるコピペして仕上げたにすぎない。だから自分の意見なり考察がないと解説していた。
自分もわからない漢字、熟語などを調べるが、同じ言葉を何度も電子辞書で調べているのだ。ということは 記憶されていないわけだ。ページをめくって、目的の言葉を探し出す作業がないから記憶に残っていないのではないか・・・と思う。

電子辞書は本当に役立っているのだろうか?
そこで10日ほど前に国語辞典を購入した。「紙の辞書」だ。
大手古本屋さんで、2,200円の辞書を1,300円ほどで購入した。
「紙の辞書」はページをめくって探し出すと そこに見出しの意味だけでなく、語法、例文、同義語などが書いてある。2色刷りや太字だったりして視覚的に訴える工夫もある。「紙の辞書」の特徴だ。それらを見ながら目的の言葉を見つけるわけだ。そうした面倒な使い方の中で記憶に残るのだろう。やはり「紙の辞書」のほうがいいのでは…と思うのだ。

手に取るとずっしりとくる辞書の重みを感じながらページをめくっている。
その効果のほどはすぐに分からないにしても、これからはこの「紙の辞書」を使ってみようと思う。
jisyo.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poon405.blog25.fc2.com/tb.php/129-ab6a2ac7

 | ホーム |  page top