FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

読書

2014年 11月 14日  (金)
この冬いち番の寒波が日本列島を覆っている。
宮崎も結構寒い。

9月頃からテーマをもって本を読んでいる。
テーマは日韓関係。ギクシャクしている日本と韓国の関係について、もっと知ろうと思ったからだ。
「和解のために-教科書-慰安婦-靖国-独島」=朴裕河(パク ユハ)著、「スカートの風」「続スカートの風」=「呉善花(オ ソンファ)著を読み、更に「新スカートの風」を読んでいる。もう中古本でしか入手できない本もあるが、便利な世の中だ。ネットで注文すれば、なんと新潟県などから届くのだ。
いま4冊目の本を読んでいるが、もっと早く読めばよかったと思う本だ。韓国には、数回 旅行で行ったが、これらの本を読んで旅行に行けばもっと楽しめたかもしれないと思うのだ。日本と韓国はちょっとしたいき違いによって摩擦が生じている。それは言語表現、習慣、育ち方、感じ方、発想や価値観の違いからくるものだ。不愛想な税関の職員や喫茶店の店員、なんとしてでも売りつけようとする化粧品店の店員など、これらの本を読めば ”うん なるほど!”  ”あゝ そうだったんだ!”  と彼らの態度に納得がいくのだ。

これらの本を読んだからといって、慰安婦問題、竹島の領有権問題などどうしようもないのだが、自分なりの知識や確固とした考えを持つことができる。今年いっぱいは、こういったジャンルの本や記事を読みあさろうと思っている。
suka-tonokaze.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poon405.blog25.fc2.com/tb.php/125-fe0088d5

 | ホーム |  page top