FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カラスウリ

2015年 10月 17日  (土)
ゴルフ場には、プレーをする人が通るいわゆる表の道とゴルフ場を管理する人だけが通る道がある。
プレーをする人が通る道は、芝があり、木があり、池があって言わばそれらが絵になるように配置され管理されている。一方管理する人だけが通る道は、芝もなく、雑木林だったり、刈った草が積み上げてあったりする。しかし、その道を歩いてみるとこの上なく自然が豊かで変化に富んでいる。

「カラスウリ」 も そんな中で見つけた。
秋が深まって、周囲の枯れ一色の中で鮮やかな原色の実は、ひときわ目を引く。陽の当たりかたにも影響されるのだろうかオレンジ色だったり、朱色だったりする。
「カラスウリ」 の花は、7月~9月にかけての日没後から開花するというが撮影したことがない。来年の夏にはゴルフ場管理者にお願いして撮影にトライしてみたいものだ。
「カラスウリ」 は、別にカラスがよく食べるからその名があるというものではないらしい。ものの本によれば 「カラスウリ」 の果肉は荒れ止めの化粧水となり、根っこの澱粉は、子供の汗疹(あせも)を防ぐ「天瓜粉(てんかふん)」となるそうだ。
「カラスウリ」 の皮を破いて中の果肉から種子を取り出してみた。ヌルヌルとした果肉に覆われているので水で洗い流してみると、その種子はいびつな形をしていた。まるでカマキリの頭のように三角形をしている。
撮影するだけでなく、こうして中身まで調べてみるのも面白い。
ところで、「カラスウリ」 を化粧水や天瓜粉(てんかふん)に利用するなど、昔の人は誰から学んだのだろう。
<カラスウリ>

<カラスウリの種子>


写真=筆者撮影  カメラ=OLYMPUS SZ-31MR

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>
スポンサーサイト



ヒメアカネ

2015年 10月 16日  (金)
雲ひとつない空が広がって静かな秋の午後。
わが家の庭にトンボのカップルがやってきた。
秋を象徴するような種の 「ヒメアカネ」 だ。
国内の赤とんぼの中では最も小さく細い。 「ヒメアカネ」 という名前もそれに由来する。
赤いほうがオスで黄色いほうがメスだ。
あまり行動範囲は広くないようで、わが家の庭周辺でカップルがじゃれ合うように飛び回り、
菜園のダイコンの葉にとまったり庭木の枝先にとまって、ゆく秋を楽しんでいるかのように見える。
この付近は緩やかな丘陵が広がり、雑木林や小川があったりゴルフ場の池があったりして、トンボの住む環境としては十分と思われる。
どこかで産卵して、また来年の夏には姿を見せてほしいものだ。

静かに秋の日が落ちていく。


<ヒメアカネ ♀)

<ヒメアカネ ♂)

写真=筆者撮影  カメラ=Canon EOS Kiss 18-55mm + Kenko MC CLOSE-UP №3使用

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>

ヤクシソウ

2015年 10月 6日  (火)
朝から雲ひとつない快晴の空だ。
ゴルフ場のバンカー脇の草むらに黄色い花が咲いていたので撮影した。
花の名前は 「ヤクシソウ」 。
名前から、薬草のような気がするが・・・。

日当たりのよい所に生える。
ゴルフ場などが開発された斜面の裸地にすぐに自生するパイオニア的植物だ。
秋に黄色い花を固まって咲かせる。花は上向きに開くが、花が終わると下向きになる。
茎や葉を折ると白い乳液を出す。「ホソバアキノゲシ」と似ている。
名前の由来は、葉の形が薬師如来の光背に似ているとする説やかつて薬草(民間薬として皮膚の腫れものに外用)に使われたことによるとする説、薬師堂の傍で発見されたという説などあるようだがよく判らない。また、薬効はないという解説もあり、これもはっきりしない。

黄色で目につく花だが、開発された裸地に真っ先に自生するというパイオニア精神が気に入った。
このゴルフ場は海の見える丘陵にあるが、乾いた秋の陽をいっぱいに浴び 海から吹きあがってくる風に揺れながら、ゴルフに興じる人間たちを見守っている。


写真=筆者撮影  カメラ=OLYMPUS SZ-31MR

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>

ホソバアキノゲシ

2015年 10月 5日  (月)
ゴルフ場の入り口に淡い黄色の花が咲いていたので撮影。
この可憐な花は 「ホソバアキノゲシ」 。
最初は 「アキノゲシ」 と思ったが、葉に切れ込みがなく細い。まちがいなく 「ホソバアキノゲシ」 。
アジア、日本各地に広く見られ、道路脇などのどこにでも生育し、夏の終わりから秋にかけて淡い黄色の花を咲かせる。葉の形は「アキノノゲシ」は切れ込みがあるが、 「ホソバアキノゲシ」 には切れ込みがなく、スラリとしている。葉を折ると白い液体を分泌するが、この白い液体に毒性があるかどうか調べてみた。
染織や繊維加工などに関する勉強をしているという 「つるの織部屋」 というホームページに次のような文章があった。

「アキノノゲシ(Lactuca indica)とともに、3~4月ころの、若芽、若葉を摘み取り、塩茹でしてから水にさらして、和え物、おひたし、油いため、早春や日陰の若芽は、レタスのようにサラダで食べるられます。が、6月頃になると苦味が強くなるようです。
ヨーロッパでは肝機能の改善のために全草をお茶にして服用したり、茎のジュースを下剤として利用したり、また、乳液に含まれるゴム成分がアヘン中毒の治療に使用されたりしたそうです。
確かに英語名のthistle(シスルー)のつくものの中でmilk thistle(=ノアザミ)は、西洋生薬では肝臓病の治療薬として有名です。
花の時期に全草を煮出したところ、たいへん濃い液となり、アルミで赤みの濃い黄色、銅で黄色みの茶、鉄で蝋色になりました。ウールの山吹色が特に美しく、みているだけで心が浮き立つようです。」


と、このように紹介されていた。
「ホソバアキノゲシ」 は雑草どころか薬草のようだ。また、染色を趣味とする人にとっては心をウキウキさせるような染料にもなる。花は淡い黄色でやさしくきれいだし、薬草、染料にもなる。

ふかまりゆく秋。
いい花に出合った。



※ 記事の一部は、ホームページ「つるの織部屋」より引いた。
写真=筆者撮影  カメラ=OLYMPUS SZ-31MR

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>

ヒメジョオン

2015年 10月 4日  (日)
用事があって行縢山(むかばきやま)の麓のほうへ車で出かけた。
黄金色の田んぼを見ながら車を走らす。時々農作業中のトラクターと出会う。
もう間もなく本格的な稲刈りが始まりそうだ。
用水路の脇に白い花が見えたので写真に撮った。
調べるまでもなく、花は 「ヒメジョオン」 だ。
アメリカから入ってきて別名”鉄道草”とも呼ばれる。よく線路わきで見られたのでそういう名前がついたのだろう。
鉄道に運ばれて広まったのだろうか。いまは全国どこでも見られる帰化植物だ。
きょう見つけた花は白い花だったが、時には紫がかった花も見られる。

この記事を書くにあたって少し調べたら、 「ヒメジョオン」 は繁殖力がすごいので、希少植物が生育する国立公園などではその生態系に影響を与えるとして問題になるという。そのため、要注意外来生物に指定されているほか、日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されているという。
一般的に雑草と呼ばれるが、花自体は可憐できれいな花だと私は思っている。


写真=筆者撮影  カメラ=OLYMPUS SZ-31MR

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>

アジアイトトンボ

2015年 10月 3日  (土)
いかにも秋らしい抜けるような青空が広がって、風もなく穏やかな週末だ。
庭に出ると、ハナミズキの葉が色づき、花芽がところどころに見られた。
近寄って見ると枝になにかいる。トンボだ。小さな小さなトンボが羽を休めている。
早速カメラを持ってきて撮影した。
美しい緑色でお尻の部分が鮮やかなブルーだ。見るからに華奢(きゃしゃ)な体をしている。
調べてみると、 「アジアイトトンボ」 と判った。

「アジアイトトンボ」 のオスは、胸部が黄緑色で腹部第9節が青色。
メスは、胸部が緑褐色。未成熟なメスの胸部は橙色。
とてもきれいなトンボだ。
春から夏の個体は大きいが、夏が終わって現れるものは著しく小さいらしく、我が家に現れたものは後者のようだ。
おもに平地~丘陵地の、水生植物の多い池や沼、湿地、水田などで見られ、アジア全域に生息しているのでこの名があるという。
3月ごろから初秋まで見られるというから、もう10月だし今シーズン見られるのは最後かもしれない。
国道沿いの小川に行けば、来シーズンはたくさん観察できるだろう。
接写レンズを付けたカメラを持って歩いてみよう。
来シーズンの楽しみが増えた。


写真=筆者撮影  カメラ=Canon EOS Kiss 18-55mm + Kenko MC CLOSE-UP №3使用

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>
 | ホーム |  page top