FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カマキリ

2015年 7月 30日  (木)
きょうもうだるような暑さだ。

久し振りのブログアップ。
今月初めに「オニユリ」の花にチョウがよくくることをアップした。
雨上がりの「オニユリ」を見ていると、そこにはチョウだけでなく、チョウを狙うハンターがいた。
夕方暗くなり始めた「オニユリ」の花びらの陰に、カマキリが獲物を待ち構えていた。鋭い鎌をたたんでじっと動かずに待っている。お腹の膨らみ具合を見ると、何匹かのチョウやその他の昆虫が犠牲になったのだろうと容易に想像できる。

若い頃沖縄に住んだことがある。
その当時聞かされた話だが、「ソテツ」の実がなる頃には「ソテツ」の木には近づいてはいけないというのだ。
「ソテツ」の実が熟れると赤くかわいい。それを食べるためにネズミなどがやってくる。するとネズミを捉えて食べるため、「ハブ」がやってくるというのだ。猛毒をもった「ハブ」に噛まれたら命に係わることだ。現地の人はそのことを良く知っておられ私達に教えて下さった。

花の蜜を求めて昆虫が来ると、そこには昆虫を食べるカマキリが待ち構えている。自然界の法則の食物連鎖だが、夕闇が迫るなか「オニユリ」の花びらに息を潜めるように待ち構えるカマキリの姿は、自然界の厳しさを感じさせる光景だった。

<花びらの陰に潜むカマキリ>


写真=筆者撮影  カメラ=OLYMPUS SZ-31MR

お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>

スポンサーサイト



オニユリ

2015年 7月 9日  (木)
先月28日に青空を見て以来、毎日雨の日ばかりだった。きょう久し振りに青空が見られた。
なにかしら青空がまぶしく感じられた。

天気の回復を待っていたかのように色々な生き物が動き出した。
植物はたっぷりと水を含んで艶々としている。
我家の庭の「オニユリ」も一斉に開いた。
「オニユリ」 は散歩コースでも見られるが、我が家の庭の 「オニユリ」 は背も高く花も大きい。
「Wikipedia 」によれば次のように書いてある。
「草丈は1~2m程となる大型のユリ。葉は互生し、小さめの披針形で先端はゆるく尖る。茎は紫褐色で細かい斑点がある。花季は7月から8月で、花弁はオレンジ色、濃褐色で暗紫色の斑点を生じる。花弁は強く反り返る。種子は作らないが、葉の付け根に暗紫色のムカゴを作る。鱗茎はヤマユリと同様、食用となる。 花言葉は「賢者」「愉快」「華麗」「陽気」など。」
本当に大型のユリである。

「オニユリ」 を写真に写そうと庭に出るとチョウが蜜を吸いに来ていた。
アゲハの種類だが、「ミカドアゲハ」 または 「ナガサキアゲハ」のようだ。
その他 「キアゲハ」 も見られた。
梅雨が明けると、他に多くの花が咲き、いろいろな昆虫たちがやってくる。
楽しみだ。


お願い!!<記事をお読みいただいて有り難うございます。 ”いいね” と感じたら、下の「拍手」をクリックして下さい>
 | ホーム |  page top