FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ツワブキ

2014年 11月 7日  (金)
散歩コースの家の庭先や道路脇にツワブキの花が咲いている。日向でも日陰でも育ち、きれいな花を咲かせるので園芸植物として、庭石や木の根元などに植えられている。
我家の庭にも 5株のツワブキがあって、今、黄色い花を咲かせている。
濃い緑の葉の間から茎がのびて黄色い花が咲いているのでよく目立つし鮮やかで見栄えもいい。
それで思わず写真にとってブログにアップするべく調べたら、意外なことが分かった。

ツワブキは、食用にするフキとはちょっと違って、フキは夏緑性(夏の間緑の葉をつけるが秋になると落葉すること)だが、ツワブキは常緑性だ。葉は厚くて表面につやがあり、濃い緑色をしている。
”きれいな花には棘(毒)がある”というが、このツワブキも例外ではなかった。
有毒物質の「ピロリジジンアルカロイド」を含んでいるという。
「ピロリジジンアルカロイド」は、肝障害(肝中心静脈血栓症や肝癌)を引き起こすものであり、フキ、ツワブキを食べる際 灰汁で「あく抜き」をするのはその為だという。日本では「あく抜き」をして食べたり、民間治療薬として使用したりするがこれにはリスクが伴うようだ。「ピロリジジンアルカロイド」を除去したものでも肝障害が報告されたためヨーロッパ諸国では西洋フキは食用が制限されているという。イギリスでは消費者に摂取を控えるよう注意喚起を行ない、特に、妊娠中・授乳中の摂取は避けたほうがよいと記載されているという。

なんとなく 「わぁ きれい!」 と思って見ている花も、思わぬ毒を秘めているものだ。
しかし、日本の昔の人は「あく抜き」をすれば毒が消えることを誰から学んだのだろう。
先人恐るべし。





写真=筆者撮影  カメラ=OLYMPUS SZ-31MR

<★お願い= 記事を読んで、写真を見て、 ”いいなぁ・・” と感じたら、「拍手マーク」をクリックして下さい。>
スポンサーサイト



小旅行

2014年 11月 5日  (水)
10月下旬、熊本の親戚を訪ねた。

お住まいが阿蘇外輪山の麓なので訪問した後、阿蘇山を観光しようと車を走らせた。
数十年ぶりに阿蘇山を眺めた。火口へのロープウェイ駅へ行ったが「噴火警戒レベル-2」が発令されていて近づくことは出来なかった。もちろんロープウェイも運行していなかった。御岳山の爆発事故をうけての処置であろうと思われ、遠くに噴煙を眺めるだけに終わった。更に車を走らせ、大観峯、草千里などを観光して宿泊予定のペンションへ。

ペンションの周りはもう紅葉が始まりいろいろな果実が実っていた。ディナーは地元の季節の食材を奇をてらう事無く調理したフランス料理フルコースでとても美味しかったし、ちょっと甘みのある地ビールも格別の味だった。平穏で静寂に包まれた秋の夜長を楽しむことが出来た。

翌日は、大分県竹田市を経由して宮崎へ帰ってきた。
九州に住んでいることを実感する小旅行だった。

<写真=噴煙を上げる阿蘇山>

<写真=米塚>

<写真=草千里にて>

<写真=ペンションにて>

ブログ再開

2014年 11月 3日  (月)
40数日ぶりにブログを書くことにした。

一時はもうブログを止めようと思った。
ある日 自分のブログを振り返って読んでいるうちに、同じブロバイダーのブログに実に低俗なブログを見つけた。
”なんだ!?これは。”  ”こんなモノまで ブログに掲載していいのか!?” ”表現の自由って・・・?” と考えるようになった。
ブログを書くことが苦痛になった。イヤになった。ブログを閉鎖しようと思いパソコンも開かなくなった。
しかし QOLの低下はいけないと思い、3回/Wのプール、1回/Wの水彩画教室、日々の読書は続けた。そんな時、「はなちゃんのみそ汁」という本に出合った。若くして癌に冒された女性が、妊娠は無理と言われながらも結婚、妊娠、出産、子育てをしながら闘病。そして5歳の子供と夫を残し33歳で力尽きた。そんな壮絶な闘病生活をブログに綴った本を読んだ。涙を流しながら読んだ。

ブログを書かなくては・・・続けなくては・・・と思うようになった。
そう思い始めたときに、一緒にパソコンの勉強をした愛知県の複数の友達から電話が入った。
”どうしたの? 大丈夫? 元気でいる? なにか あったんじゃない?” という心配の電話だった。
これで気分を転換できた。もう大丈夫だ。
本というものはイイもんだ。友達というのはイイもんだ。
豊田の皆さんありがとう!!もう大丈夫です。また 私の拙いブログを読んでくださいね。



 | ホーム |  page top