FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

イイ加減が良い加減

2012年10月29日(月)
27日夜から降り出した雨が、28日夜半にかけて雷を伴って激しく降った。今朝はすっかり雨も上がって快晴の空だ。雨上がりで空気が冷たくキュンとした冷気に触れながらウォーキング。

庭のサザンカのつぼみが、花開く時を待っている。冷たい空気の中に優しいピンクでありながら、凛として健気にさえ見える。これから冬に向かっていくにつれ、つぼみが更に膨らみ優しい花を咲かせてくれることだろう。

冷蔵庫の野菜室にキューリが残っていたので、ニンジンを少し入れて漬物を作った。
ピーラーで皮をむき、大きめに切ってビニール袋に入れる。ここで浅漬けの素を入れたらいいのだが、きょうはちょっとだけ工夫して、コンブ茶を入れた。コンブにはうまみ成分があるし、それで漬物ができると以前新聞で読んだことがあった。キューリに対して、どのくらいの分量のコンブ茶を入れればいいのか分からないので、「イイ加減が良い加減・・」とばかり、スプーンで適当に入れてファスナーを閉じ、軽くもんで冷蔵庫に入れた。出来上がりはどうなんだろう。全く保証できない。


★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★
スポンサーサイト



クサギ

2012年10月26日(金)
このところ急に冷え込むようになった。とは言っても、昼間は半袖でも過ごせるし、ちょっと体を動かす庭仕事や運動をすれば汗をかいてしまう。
しかし、野山の樹木は確実に冬支度を進めている。朝夕の冷え込みに合わせて、葉は色づき、実ははじけてこの一年の成長を終わらせようとしている。
散歩コースにあるサクラが 朝日に照らされその紅葉をきらめかせていたり、散歩道からちょっと分け入るとクサギが赤紫の実をつけていた。クサギは、青葉の悪臭とは対照的に、実はとてもおしゃれな形をしている。形は、そのままご婦人方のブローチにでもなりそうなデザインだ。実はその葉のように臭いのだろうか。






★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★

御在所岳へ

2012年10月15日(月)
秋らしくなったのでそろそろ紅葉が見られるのでは・・・と三重県御在所岳へ。
ロープウェイの駅へ到着したところ 「只今、強風のため営業を見合わせております」 という案内に
ガッカリ。
そこで鈴鹿スカイラインをドライブしようとUターン。
鈴鹿スカイラインを走り始めると道路脇の芝生に、ニホンザルが4匹歩いていた。民家もすぐ近くにあるのに被害はないのだろうか。しばらく車を走らすと、御在所岳登山道入り口があって、登山者がリュックを背負って歩いていた。いいなぁ。自分もこの次は、車でなくリュックを背負って来よう。
更に車を走らせ、カーブを曲がったその時、道路脇に落石防止の金網の張ってある急峻な場所に、ニホンカモシカを発見。草を食んでいる。車を止め急いでカメラを取り出してパチリ。私がカメラを向けると、カメラ目線でこちらを向いてくれた。

ロープウェイで頂上には行けなかったが、思いがけない自然の姿を見ることができた。


★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★


里の秋

2012年10月10日(水)
空は曇っているが「散歩中は雨の心配はなさそうだ」と歩き始めた。
30分ほど歩くと遠い山並みの上に朝日が昇ってきた。朝日に照らされススキがキラキラ光っている。
いつもとちょっとだけコースを変えて歩いてみる。
高速道路のIC付近まで歩くと柿畑があって、「フデガキ」が実って収穫を待っている。
「フデガキ」は実の形が筆の形に似ていることからこの名があるそうだ。
収穫を待つ柿の一方で、誰も見向きもしない柿がある。「ヤマガキ」だ。
いくら実をつけても誰も収穫してくれない。せいぜいカラスか他の小鳥たちがつついてくれる程度だ。
その「ヤマガキ」の葉が見事に紅葉していた。
「ヤマガキ」の実は食べられなくても、こうして紅葉して目を楽しませてくれる。
里の秋だ。自然はすばらしい。

PA100111_convert_20121011082725.jpg

PA100110_convert_20121011083053.jpg


★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★


小鳥たち

2012年10月9日(火)
最近、キツネを全く見かけなくなった。夏の終わりから見ていない。
春から夏にかけて子育ての頃は毎朝のように見たのに、何処へ行ったのだろう。
実りの秋になって、餌のたくさんある山や田畑のほうへ行動範囲を移しているのだろうか。
代りに小鳥を多く見るようになった。
シジュウガラが、10数羽の群れになって木から木へ移動していったり、
他にモズ、メジロ、ヒヨドリ、ホオジロ、キツツキなどを多く見るようになった。
木々の葉が落ちて、枝や幹が見えるようになると、小鳥たちの姿もよく見えるようになる。
以前 TVであったか「秋から冬にかけては、バードウォッチングが楽しくなる・・・」と
聞いたことがあるが うなづけるような気がする。

今朝は、散歩コースのススキにホオジロが留まって鳴いていた。
小生のカメラ(コンデジ)ではこれで精いっぱいのズームアップだ。



★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★


行き合いの空

2012年10月6日(土)
午後になって雲は広がってきたが いい天気だ。
この時期の空を「行き合いの空」というのだそうだ。厳しい夏の暑さが去って、そして秋の涼しい風が空で入れ替わるようにやってくる。そんな季節だ。
朝の冷気は、秋が高地から段々と平地へ降りてきたことを教えてくれる。夏の間、ウシガエルの声だけが聞こえて、重く淀んでいた池にも水鳥が日一日と多くなって、周辺が急に賑やかになってきた。年中見かける「アオサギ」「コサギ」「カイツブリ」に加えて、「コガモ」「マガモ」などが見られるようになった。

ところで、我が家の庭のキンモクセイがちらほら咲いてその芳香をふりまいている。サザンカにはピンクの蕾がついている。キンモクセイの芳香につられてやってきたのか「ノシメトンボ」が添え木にとまって、秋の空気のように透明感のある羽を休めていた。ゆっくりしてお行き・・・・。


★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★


あなたは 草食系だから・・

2012年10月2日(火)
朝の散歩から帰ってくると我が家の庭に「キリギリス」を発見。
でもちょっと違う。ちょっとひ弱な感じだ。ホントに「キリギリス」?
図鑑で調べてみた。やはり違っていた。「キリギリス」ではなかった。
キリギリスの仲間だが「セスジツユムシ」という。

「セスジツユムシ」さん あなたの季節はもう終わったよ。
夏の間は、暑くて居心地がよかったろうけどね。
いつまでも 草むらでチチチ ジーッチジーチなんて
演奏会は終わりにして、早いとこ冬ごもりをしなきゃだめよ。
もう10月だよ。夜になると冷え込むし、
キリギリスさんと違って、あなたは草食系だから
これからの夜の寒さはキツイと思うよ。
うちの庭は狭くて緑も少ないけど、また来年出ておいで。
じゃあね・・・・。


★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★


 | ホーム |  page top