FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

パソコン同好会

2012年1月28日(Sat.)
午前、午後にパソコン学習をしている自主グループ(同好会)に参加した。午前、午後別のグループだ。
彼らは、私を「先生」と呼ぶが、私はそのつもりはない。一緒に勉強させていただくつもりでいる。
Word、Excelの初級レベルの勉強だ。もう3年余りも続けている。
3年余りも続けていると、かなりのレベルでは・・・と思われがちだが、そんなことはない。
パソコンの勉強というのは、名ばかりで、彼らがこの同好会を続けているのは、他に楽しみがあるからだと私は思っている。
 ちょうど区切りのよいところで、「では 休憩しましょう」と私が言った途端に、あちこちでジャラジャラ、ガサゴソと音がして、研修室全体が急に活気づく。どこそこのお土産、手作りのクッキー、何町の老舗の和菓子等など並べて、ポリポリ、ぱくぱく、もりもりとおやつタイム、コミュニケーションタイムだ。
私は思う。彼らは、私の下手な講義など聴いてはいない。彼らの目的は、パソコンではなく、この時間のコミュニケーションなのだ。まるで目の色が違う。少年、少女のように目を輝かせてお菓子を頬張ってお喋りしている。この時間の為に、パソコンの入ったバッグとそれに倍するお菓子の入ったバッグ、時にはコーヒーやお茶を作るためにポットまで持って、ここに集まってくるのだ。
 私もお相伴にあずかる。いただきながら、これでいいと思っている。亭主や妻、孫や嫁から解放されて、思う存分喋って、鬱憤を晴らしているのだから、楽しくてしょうがないという感じなのだ。
「ハーイ、始めますよーー!」私が声を出さなければ、それは延々と続きそうな雰囲気だ。
実に楽しい人たち、時間、同好会だ。長生きできそうだ。

★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★




スポンサーサイト



芥川賞

2012年1月23日(Mon.)
芥川賞の受賞者のことが話題になっている。
テレビに映っている人を見て、”この人が芥川賞!?”と思った。
不機嫌なのか、酔っ払いか、子供がすねているのか、大人のテレかくしか。
純文学を書く人とは、こんな態度しか取れない人なのか。
純文学に贈られる「芥川賞」とは、こういう人に贈られる賞なのか。
選考の基準には、人間性という評価項目はないのだろうか。
日本の名だたる文学賞だもの、あってほしいよ。あるべきだよ。
「そのレベルではない」という石原都知事の評価は正しいと思う。
ああいった態度をとる人を、おもしろ半分に取り上げるマスコミもマスコミだ。
テレビを観ていて不愉快になった。

受賞した本は、購入しないし、読まない。
芥川賞ではなく、”塵芥”だ。

★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★


 | ホーム |  page top