FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この時期に読む本

2011年12月28日(Wed)
今月23日のこと。
また今年も同じ時期に同じ小説を読んだ。
O・ヘンリーの短編小説*「賢者の贈りもの」だ。
毎年、この時期に読むので もう話の展開はわかっている。

クリスマスイブに、愛する人の喜ぶ笑顔が見たい。
その為に、自分の髪を売って、夫の金時計の鎖をプレゼントした妻。
自分の金時計を売って、妻の髪をとく鼈甲の櫛をプレゼントした夫。
互いにプレゼントした時、妻の長い髪はなく、
夫の輝く金時計はなかった。
夫が妻に言う。
「デラ、ぼくたちのクリスマスプレゼントは、片づけて、しばらく、
そっとしまっておくことにしよう。いますぐ使うには、上等すぎるよ。
・・・・・・さあ、チョップを火にかけてくれないか」

なんと優しさと慈愛に満ちた夫婦であろう。
親がわが子を虐待、死に至らしめたり、夫が妻を、妻が夫を殺して
捨てたりするニュースが絶えない何処ぞの国の人達に
読ましてあげたい、話して聴かせたい物語だ。

自分の本棚は、もう本を入れるスペースがなくなった。古い本は
処分しようと思っているが、なかには捨てたくない本が何冊かある。
この「賢者の贈りもの」も そのうちの1冊である。
来年もまたこの夫婦の優しさに浸りたい。温もりに包まれたい。

来年の今頃、また読むために、スペースのない本棚に戻した。


*「賢者の贈りもの」O・ヘンリー 大久保康雄訳 新潮文庫

★★★この記事の下に表示されている”コメント”をクリックするとコメントを書くことが出来ます。あなたのコメントをお待ちしています。★★★


スポンサーサイト



イチゴ大福

2011年12月23日(Fri.)快晴 
今年も、残すところ8日になった。
明日はクリスマスイブだ。そのクリスマスに合わせるようにして
”クリスマス寒波”が日本列島を覆いつつある。
今夜から更に気温が下がり、明日は、西日本でも雪が降るという。

 きょう午前中、「イチゴ大福」を作るのに挑戦した。
イチゴをあんこで包んで、これを生地で包む。
作り始めて3時間、悪戦苦闘。16個の「イチゴ大福」ができた。
石ころやジャガイモのような形で、「イチゴ大福」というには
ほど遠い不格好さだ。どう見ても形が悪い。
丸みを帯びて食欲をそそるような形に整えるのが難しい。
至難の業だ。ただし色はサクラ色で申し分ない。
味はどうか。一つ食べてみた。和菓子屋さんの「イチゴ大福」と
遜色ない。そう感じた。

「イチゴ大福」は、もうプロにまかせて、
自分は 食べることだけに専念したほうが
時間をムダにしない分だけ良さそうだ。

きょうは、和菓子なるものに初挑戦でギブアップ。



 | ホーム |  page top