FC2ブログ

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


きょうの天気は?


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


ご意見、ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

愛妻の日

2019年 1月 31日  (木)
朝から空全体に雲が広がってどんよりとしている。
天気予報では、降水確率80%だから ほぼ間違いなく雨が降るだろう。
今後この雨は だんだんと東の方へ移動していき、東海や関東では雪、或いは霙になると報じられている。

先日 ネットを見ていたら きょう1月31日は語呂合わせで ”愛妻の日” だそうだ。
1月31日= アイ・サイ と読んで ”愛妻の日” としたそうだ。
ネットによれば  ”『妻というもっとも身近な存在を大切にする人が増えると 世界はもう少し豊かで平和になるかもしれない』 という理想のもと、“愛妻家”を増やすための記念日” という。
これはいいな!と思った。
早速、昨日 メッセージを書き込んだカードをデザインして、夕方花屋さんへ行きバスケットに入ったバラを買ってラッピングしてもらい、今朝ダイニングのテーブルの上にメッセージを添えて置いた。
aisainohi.jpg
日頃何もしてやっていない妻へ感謝の気持ちを伝えようと思ったのだ。
朝のランニングを終えて帰宅すると 妻が涙を流して喜んでくれた。
”愛妻の日”なんて知らなかったという。もちろん私も知らなかった。
夫婦が 日頃の感謝の気持ちを伝え合うことはとてもいいことだと思う。
特に日本人は、自分の気持ちをストレートに伝えたり表現したりすることは苦手だし、照れ臭いというところもある。

数本のバラが夫婦間のコミュニケーションを補い、絆を深めることができる。
ありがとう!の気持ちを伝えることができる。
仮装して大騒ぎして騒動を起こす”ハロウィン” や 訳の分からない方位を勝手に決めて 巻きずしを丸ごと食べさせる”恵方巻”などよりよほど良いと私は思う。

これからは 毎年 ”愛妻の日” を夫婦で静かに祝いたい。

カメラ=OLYMPUS SZ-31MR
<記事をお読みいただいて有難うございます。
”いいね”と感じたら、下の「拍手」をクリックしてください。>
スポンサーサイト

クロガネモチ

2019年 1月 21日  (月)
昨日から今朝にかけて冷たい強風が吹き荒れた。玄関付近の植木鉢が倒れていた。
朝食を終えた頃には静かになり快晴の空だ。

拙宅のすぐ近くに小さな公園があって、いまの時季 真っ赤な実をつける木がある。
調べてみると 「モチノキ」 だ。 
「モチノキ」 は種類があって その中の 「クロガネモチ」 のようだ。
真っ赤な実がついているので 小鳥たちが群がってきそうだがあまり寄ってこない。
ほとんど来ないと言っていいくらいだ。
ところがネットで見ると 小鳥が好んで食べる・・・とあった。
本当だろうか・・?小鳥が実を食べるところは見たことがない。
不味いのか?
公園に行って 「クロガネモチ」 の実を採って食べてみた。
これは 不味い!! 苦い!!
口の中に苦みが5分くらい残った。これは小鳥が食べないはずだ。
でも 人間には苦くても 小鳥には美味しい実かも知れない。
だから好んで食べる小鳥もいるのだろう。
「クロガネモチ」 は 花の少ない冬の時季 真っ赤な実をつけて目を楽しませてくれる。
また その名前から 「クロガネモチ」 =お金持ちの ”縁起もの”として庭木に植えられるようだ。
<クロガネモチ>

<クロガネモチの実>
motinoki-2.jpg
<実を食べてみた>
motinoki-3.jpg

カメラ=OLYMPUS SZ-31MR
<記事をお読みいただいて有難うございます。
”いいね”と感じたら、下の「拍手」をクリックしてください。>

火器管制レーダー照射事件

2019年 1月 19日  (土)
寒気が厳しい朝だった。
それでもいつものようにウォーキングへ。砂浜を3kmランニング。
ブログは これまで自然に関することを主に書いてきたが、今年から政治的なこと、思想的なことも書いていこうと思う。

韓国海軍による日本の海上自衛隊P-1哨戒機への火器管制レーダー照射事件だが、国家間のやったやらないの泥仕合になっている。
韓国の「嘘に嘘を塗り重ねる」やり方は これまでの慰安婦問題などで分かっているが 今回は小学生のような言い訳で しかもそれが二転三転している。
韓国が公表した映像には少々驚いた。大半は日本側が公表したものをそのまま盗用してテロップやBGMをのせたものであったからだ。自国の撮影したものはわずか11秒であった。
韓国の公開した映像を何度見直しても韓国の主張する「日本側の低空威嚇飛行」などは感じられなかった。これが 一国家が“反論”として公開する映像だろうか。

日本は、海上自衛隊が持っている火器管制レーダー照射の証拠を突きつけて、白黒の決着をつけるべきだ。特に次の点は韓国側に説明を求めてほしい。
① なぜ SOS救難信号が出てもいないのに 北朝鮮の漁船を韓国の駆逐艦、警備艇が救助しているのか。
② なぜ 駆逐艦は韓国国旗を掲げていないのか。
③ なぜ 目視可能な距離に北朝鮮の船がいたのに、天気も良かったのに「捜索のため全てのレーダー」を使用したのだろうか。
④ なぜ 日本のEEZ内で「遭難者救助」しているのに 日本の哨戒機の接近を見て「無線」で連絡をしなかったのか。
⑤ なぜ 数回におよぶ自衛隊からの無線連絡に応答しなかったか。

これを機会に 日本なら何をやっても許される、いわゆる反日無罪と思い込んでいる韓国の考えを正すべきだ。そうしないと慰安婦の例のように世界に広まってしまいかねない。
日本政府は決して妥協してはならない。

<海上自衛隊P-1哨戒機> = 海上自衛隊HPより
p-1.jpg

朝の香り

2019年 1月 13日  (日)
久し振りのブログアップだ。新しい年になって初めてのアップ。
今年は たくさんアップしていこうなどと 1月1日には思ったのだが その1月も もう半ばだ。

朝の海岸でのランニングを終えて帰宅途中に 味噌醤油の醸造所があって なんとも言えないあの麹菌(こうじきん)の香りがする。
工場のなかを見ることは出来ないが 入口に歴史を感じさせる看板がある。
その付近に来ると味噌の香りがして ”あゝ 日本の朝の香りだ・・・" と思ってしまう。


その味噌醤油醸造所の前を200mほど進むと 今度はパン工房がある。
パン工房から発せられる香りは、食べ物で色々と香りがある中で、パンの香りこそ秀逸だと私は思っている。ある人のブログには次のようなことが書かれている。
(以下「」内引用) 「アメリカのデパートなどでは、昔は良くデパートの1階にパン屋を置いて、そこから立ちあがるパンの香りでデパートに客を引き込んだ、という戦略があったようです。日本なら丁度鰻屋のようなものです。店の入り口付近で職人が鰻をやき、団扇でその香りを周囲にまき散らかし、歩道を歩く人を客として呼び込むのに似ています。そのくらいパンの香りは、老若男女を問わずに好まれているいい香りです。」
朝食前のランニングを終えて帰宅途中の私にとっては 引き込まれそうなくらい いい香りなのだ。
味噌の香りと言い パンの香りと言い 人の気持ちを豊かにし、幸せを感じさせる香りだ。
kanban-2.jpg

パン工房を過ぎるとあと500mほどで我が家だ。

カメラ=OLYMPUS SZ-31MR
<記事をお読みいただいて有難うございます。
”いいね”と感じたら、下の「拍手」をクリックしてください。>

小さなものに・・・

2018年 11月 12日  (月)
朝 海岸をランニングする頃は今にも降りだしそうだったが、雨は 11時過ぎから降りだした。本格的な降り方だ。

この 週末は小さなものに振り回された。
土曜日に買い物に行って、マイカーのパンクに気付いた。
帰り道カーディーラーに立ち寄り調べてもらうと 直径約1.5㎜、長さ約3㎝程の針金が刺さっていた。
思いがけないパンクだった。しかし 通勤で毎日高速道路を走っているのでパンクは危険だ。
一般道でしかも早く発見できてよかった。そう思いたい。修理代に1,000円かかってしまった。
PB110801_convert_20181111160133.jpg

日曜日で 好天気なのでベランダに布団や毛布を干した。
暫くすると 毛布が滑り落ちた。次は落ちないように毛布用のクリップで止めた。
暫くすると また落ちた。
芝を払いベランダにかけているとベランダの下から小犬が出てきた。
なんとこの小犬が毛布を引っ張ていたのだ。犬はヨークシャーテリア(?)だ。
ベランダの下に逃げ込んで立ち去ろうとしない。困った。
IMG_0054_convert_20181111160100.jpg

迷い犬に違いない。
近所を回って訊ねたが飼い主はいない。
市役所に電話した。
親切に調べて引き取り先を教えてくれたので 電話したら ”違います” と言われた。
教えていただいた電話番号を伝えて確認しても ”違います” 。
再度市役所に電話したら ”市役所は動物には関知しません” という。
えーっ?先ほどの電話は何だったの?
警察へ電話した。
”パトカーで引き取りに行きます。逃がさないように。”と言われてホッとしていたら、暫くして警察から電話があって、”保健所が引き取りに伺います” という。
えーっ?パトカーはどこへ行ったの?
陽が傾いて 毛布や布団を取り入れる頃に ようやく保健所が来て小型犬を引き取ってくれた。

「役所のたらいまわし」 とは このことなんだ。実感した。
小さな針金、小さな迷い犬。
週末は 小さなものに振り回された。
 | ホーム |  » page top